【初めての遺骨ペンダント】

遺骨ペンダントを初めて知った。

そんな方がほとんどかと思います。

メモリアルクローバーでは少しでもそんな不安を解決できるようにこのページを作りました。

このページ内容以外でも、ご不明な点や不安な点がございましたらお気軽にご相談、ご連絡ください。

メモリアルクローバーでは誠意をもってご対応させていただきます。

少しでもあなたと故人の方との絆を結ぶお手伝いができますように・・・

 

○はじめて遺骨ペンダントをご購入される方は90%以上です○

遺骨ペンダントは元々ヨーロッパから来たものです。

日本では遺骨を持ち歩くという習慣が無かったため、「初めて知った」「初めて購入する」という方が圧倒的に多いのです。

〈遺骨ペンダント・手元供養をされるかたはこんな方です〉

・お墓が遠くてなかなかお参りができない

・経済的な問題でお墓がもてない、仏壇が持てない、供養したくてもできない

・いつでも好きな時に供養したい

・まだ離れるのが寂しい、もう少し一緒にいたい

・近くに感じていたい

・お守りとして、一緒にいたい

・従来の形にとらわれず、自分らしく供養したい

 

○どの宗教の方でも自由に供養できます○

遺骨ペンダントはよく「どの宗教になるんですか?」「宗教的に問題ないのですか?」とご質問をいただくことがあります。

遺骨ペンダントは「自由な供養」で宗教には属さず、いつ着ける・いつ遺骨を納める・納め方・家に置くなどの決まりもありません。

逆にどの宗教の方でも、あなた自身の想いで自由に供養していただけます。

日本は仏教ですので、ご供養の際にはお寺さんなどのご協力でご供養されているかと思います。

仏教には「手元供養(自由な供養)」の概念がありません。

ですので、ご家族内でご供養は宗教に従うのが絶対ですという方は事前にご家族やお寺さんにご相談されて、お決めいただければと思います。

 

○分骨すると成仏できないのではないか?○

日本では「四十九日」というのが一般的ですよね。

「四十九日」というのは、四十九日までの間に閻魔大王から裁きを受け、四十九日後に極楽浄土へ行けるかどうかの判定が下るという、仏教の供養の一部です。

つまり、四十九日後に成仏されるということになります。

「それ以降に遺骨を身につけたり、自宅に保管すると成仏できないのではないか」と不安な方もいらっしゃると思います。

だって成仏できないのは嫌ですもんね。

しかし、法律や仏教において分骨や手元に遺骨を置くことによって成仏できないという決まりや教えは存在しません。

なので、どの宗教の方でも安心してお使いいただけますが、もしそれでもご不安があるという方は、お寺さんやご家族の方とよくご相談されてお決めいただければと思います。